PROFILE

木村大木村 大(Dai Kimura)

1982年、茨城県土浦市に生まれる。
5歳より父、義輝に師事、ギターと音楽理論を学ぶ。
小学1年で第13回GLC全国学生ギターコンクール
小学校低学年の部優勝。
その後、数々のコンクールで全て優勝する。

1996年、ギターのコンクールでは世界最高水準と言われる第39回東京国際ギターコンクールで見事14歳で優勝。

1996年、 97年2回にわたり茨城県知事賞受賞。この年バルセロナ音楽祭に招待されヨーロッパデビュー。
17歳でソニーよりCDデビュー。
以後3年にわたり全国リサイタルツアーやオーケストラとの共演、
アルバム「カデンツァー17」「駿馬」「アランフェス」を発売。デビューアルバムが異例の大ヒットを記録し、この間『トップランナー』『情熱大陸』等テレビ・ラジオに多数出演。
雑誌、新聞にも登場。日本のクラシック音楽界に旋風を起こす。

2001年2月、第11回新日鐵音楽賞フレッシュアーティスト賞を受賞。
2002年4月より英国王立音楽院に留学、
帰国第一弾として2004年3月、NHK交響楽団と3夜連続共演。
11月、第1回ベストデビュタント賞(音楽部門)を受賞。
2005年2月、第8回リゾート鈴鹿音楽祭で木村大プロデュースによる「木村大ギターの世界」に3日出演。
3月ロサンゼルスにて4枚目のアルバム録音。ソニーミュージックより7月20日発売「カリフォルニアの風」。
4~5月、”ライブ イマージュ”ツアー(15公演)に参加。
7月には、アメリカのギタリスト、アンドリュー・ヨークと待望のスペシャル・ジョイント・コンサートを開催(5公演)。
9月、第16回JGAギター音楽祭にゲスト出演。
9~11月にかけて3年半ぶりの全国リサイタル・ツアー(16公演)を実施。
12月、富士/”モーツアルトと4人の精鋭たち”に出演。
また東京/”ギンザめざましクラシックス”にスペシャルゲストとして出演。
2006年5月、韓国/ソウルでの”シティー・フェスティバル”に招待される。

6月、東京/”青少年のためのコンサート”に出演。
7~8月、5枚目のアルバム録音。9月、ソニー・クラシカルよりCD「ロンドン・エッセイ」発売。
9月から2007年3月にかけて、全国20数会場でリサイタルを開催。
「ロンドン・エッセイ」が、スイング・ジャーナル社(雑誌「アドリブ」)が選んだ2006年名作作品選考会で”国内ワールド/ニュー・エイジ”の分野で最優秀賞を受賞。

2007年9月から2008年3月にかけて、全国20数会場でリサイタルを開催。
2008年秋より自身初のオリジナル曲”Shine”から取ったソロツアー2008-2009”Shine”を開催。
2008年11月19日に4年に一度発売される、ソニー・ミュージックが誇る歴史あるヒットクラシックシリーズ「ベスト・クラシック100」の2008年盤100タイトルに「カリフォルニアの風」と「木村大ベスト・セレクション」が選出される。
2008年12月3日にソニー・ミュージックサイト並びにレコ直サイトにて自身初のオリジナル曲である「Shine」と「風」が着うた並びに着うたフルにて配信される。
2009年4月5日より毎週日曜日23:11~23:15放送のフジテレビ系列「すき!地球」のテーマ曲として自身作曲の「Home」が使用される。
2009年4月12日には東京フィルハーモニー交響楽団文京定期公演にて金聖響氏とアランフェス協奏曲を共演。
2009年9月30日、アルバム「INFINITY mugen-DAI」発売。
2009年10月より「INFINITY」全国ツアー。
2010年9月より「木村大ソロギターリサイタル ザ・スペイン」スタート。
”ライブ  イマージュ  ヌーヴォー”にも出演。

2011年〜2012年にかけて全国ソロツアーを開催し、ジャンルを超え国内外で活躍する。
これまで7枚のCDと1枚のDVDをソニーより発売。

2013年3月にはキングレコード移籍第一弾となるアルバム『HERO』を発表した。クラシックの範疇にとどまらないヴァーサタイルな才能を発揮し、ROCKやPOPSの名曲に捧げる新たなギターの世界を打ち出した。7月には自身初となるギター教則DVD『木村大クラシック・ギター・レッスン』をアトス・インターナショナルより発売、速さと正確さを誇るフィンガーテクニックを披露している。

2014年5月、多彩な楽器と、ゲストにフラメンコ・ギタリストの沖仁を迎え、六弦から放たれる“愛”に満ち溢れたアルバム『ONE』をリリース。唯一無二のギタリストとして、国内外で活躍する期待の若手ギタリスト。

1982 2月15日、茨城県土浦市に生まれる。
1986 5歳から父義輝に師事。またソルフェージュ、音楽理論を学ぶ。
1988 第13回GLC全国ギターコンクール小学生低学年の部第1位(東京)。
1992 第17回GLC全国学生ギターコンクール小学生高学年の部第1位(東京)。
1994 第19回GLC全国学生ギターコンクール中学生の部第1位(東京)。
1995 第17回ジュニア・ギターコンクール中学生の部第1位(東京)。
第20回GLC全国学生ギターコンクール中学生の部第1位。また、全部門を通じて優れた人に与えられるG.L.C賞(最優秀賞)を受賞(東京)。
第22回ギターコンクール第1位(大阪)。
第19回スペインギター音楽コンクール第1位(東京)。
1996 茨城県知事賞受賞。
第39回東京国際ギターコンクールで中学3年生で優勝。
文部大臣奨励賞受賞。
1997 1月、スペイン大使館にて接見演奏。
2月、茨城県知事賞(2回目)
5月、バルセロナ音楽祭に招待されスペインにてデビュー・リサイタルを開く。
10月スペイン・ナショナルデーのレセプションに駐日スペイン大使より招待を受ける。
またスペイン首相来日時、同じくスペイン大使よりレセプションへの招待を受ける。
12月日本ギター連盟法人30周年記念ガラ・コンサートに出演(東京)。
1998 1月、NHK総合テレビ、TBSテレビに出演。
3月、橋本総理大臣よりスペイン皇太子フェリベ殿下をお迎えしての歓迎晩餐会に招待を受ける。
6月、第20回記念ジュニア・ギターフェスティバルにて最優秀賞受賞者によるギター・コンサートにゲスト出演(東京)。
12月、ノバホールにて、日本デビュー・ギターリサイタル開催(つくば)。
1999 10月、ソニー・クラシカルよりCDデビュー、「ザ・カデンツア17」発売。プレ・デビュー・イベント開催(東京)。
10月より2000年1月まで、CD発売記念リサイタル・ツアー(全国16会場)実施。
2000 1月から11月の間、NHK総合「トップランナー」「スタジオパークからこんにちは」、テレビ朝日「ターニングポイント」、
テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」、NHK-BS「新・真夜中の王国」に出演。その他多くのラジオ、新聞、雑誌へ登場。
3月、「ミレニアム・ガラ・コンサート」に出演(岩国)、「芸術鑑賞会」(浜松)に出演。
5月、「音楽鑑賞教室」(東京)で、和田朋樹指揮=日本フィルハーモニー交響楽団と共演(東京)
6月、アンドリュー・ヨークと「ジョイント・ギター・リサイタル・ツアー(全国24会場)実施。
10月、ソニー・クラシカルよりセカンド・アルバム「駿馬」発売。小泉和裕指揮=東京交響楽団と共演「ラテン・ファンタジー」(東京)。
12月、「小原安正没後10年メモリアルコンサート」にゲスト出演(東京)。「カウントダウン・スペシャル・コンサート~21世紀の俊間」に 出演、茂木大輔指揮=日本フィルハーモニー交響楽団と共演(東京)。
2001 1月、ソニー・クラシカルよりビデオ「DAI」を発売。「21世紀開幕記念スペシャル・ガラ・コンサート」に出演(郡山)。
2月、第11回新日鉄音楽賞フレッシュ・アーティスト賞受賞・記念演奏(東京)。
4月、デレビ朝日「題名のない音楽会」に出演(東京)。
5月、「LIVE Image」東京、名古屋公演に出演。
7月より2年間にわたりキッセイ薬品のCM(テレビ朝日系)「WA風が来た」に登場。
6月~7月、スペイン王立セリビア交響楽団(指揮:アントニ・ロスマルバ)と共演(全国12会場)。
8月、「プロムナード・コンサート」「サマーコンサート」で、大友直人指揮=東京交響楽団と共演(東京)。「愛知県職員ファミリーコンサート」で、沼尻竜典指揮=名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演(名古屋)。
8月、スペイン/セリビアにて「アランフェス」収録。オーケストラ/スペイン王立セリビア交響楽団、指揮:ルイス・ペレス。
9月から2002年3月にかけて、スペシャル・ギターリサイタル21(全国32会場)実施。
11月、「JGAギター音楽祭」にゲスト出演(東京)。
12月、「新日鉄音楽賞受賞記念コンサート」で、小松長生指揮=新日本フィルハーモニー交響楽団と共演(東京)。
2002 2月、テルモ80周年記念コンサート」に出演、大友直人指揮=東京交響楽団と共演(東京)。
3月、TBSテレビ「情熱大陸」に出演。サードアルバム「アランフェス」(スペイン王立ゼリビア交響楽団と共演)発売。
NHK総合テレビ「私の青空2002」テーマ曲演奏。テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」再出演。3月~4月、「Live Image 2」に 出演(大阪、長崎、東京)。
4月、英国王立音楽院に留学のためロンドンへ。留学中、朝日新聞、音楽の友などに留学便り掲載。
2004 3月、留学先より帰国。再び日本での音楽活動を開始。帰国第1弾、尾高忠明指揮=NHK交響楽団と共演(N響オーチャード2004シリーズ第28回定期/東京、N響豊橋公演、N響豊田公演)。
8月、秋山和慶指揮=東京交響楽団と共演「オペラシティー・シリーズ第26回定期”憩いの調べ”」(東京)。
9月、北原幸男指揮=東京交響楽団と共演「リリア名曲コンサート」(埼玉)。山下一史指揮=ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉と共演 「千葉県民芸術劇場~太陽と情熱の国”イタリア・スペイン音楽の旅”」(千葉)。
11月ソニー・クラシカルより古今東西の名盤シリーズ”ベストクラシックス100”発売、「木村大ベスト・セレクション」リリース。 第1回ベストデビュータント賞[音楽部門]受賞。
2005 1月、藤岡幸夫指揮=関西フィルハーモニー管弦楽団と共演。「ニューイヤー・コンサート」(滋賀)
2月、第8回リゾート鈴鹿音楽祭「木村大ギターの世界」~3日連続公演(三重)~斉藤一郎指揮=関西フィルハーモニー管弦楽団と共演。 ならびにフルート・ヴァイオリン・ソプラノと新進アーティストとのデュオ演奏。
3月ロサンゼルスにて4枚目のアルバム制作。7月20日、ソニー・クラシカルより発売「カリフォルニアの風」。
4~6月、3年半ぶりに「Live Image」全国公演(15公演)に出演。
4月、秋山和慶=広島交響楽団と共演(広島)「はつかいち名曲コンサート」。
5月、飯守泰次郎指揮=東京シティー・フィルハーモニック管弦楽団と共演(東京)「昭和女子大学名曲コンサート」。
7月、アンドリュー・ヨークとジョイントコンサート(全国5公演)に出演。
8月、井口聖一指揮=茨城交響楽団と共演(第38回水戸芸術祭交響楽演奏会)。
9月、JGA(ジャパン・ギター・アソシエイション)主催の第16回ギター音楽祭にゲスト出演予定(東京)。公演講座「世界を翔ける若手演奏家たち」出演(東京)。
2005 9~11月 3年半ぶりの全国リサイタル・ツアー(16公演)を行った。
新曲「アルバイシンの丘」~世界遺産/初演。
12月 「モーツアルトと4人の精鋭ソリストたち」(富山)に出演、また「ギンザめざましクラシックス」(東京)に特別ゲスト出演した。
2006 5月、韓国/ソウルでの”シティー・フェスティバル”に招待される。
6月、東京芸術劇場”青少年のためのコンサート”に出演。
7~8月、5枚のアルバム録音。
9月、 ソニー・クラシカルより「ロンドン・エッセイ」発売。
9月~、”リサイタル・ツアー2006”を2007年3月にかけて全国20数会場で開催中。
2013 3月21日、キングレコードよりアルバム「HERO」発売。
7月27日、アトス・インターナショナルよりギター教則DVD「木村大クラシック・ギター・レッスン」を発売
2014 5月21日、キングレコードよりアルバム「ONE」発売。